2013年12月31日

農夫ジェフ・バック、漁師ダン・ハマー

ジェフ・バック:元ネタ ジェフ・ベック(Jeff Beck)
ダン・ハマー:元ネタ ヤン・ハマー(Jan Hammer)
ジョジョの奇妙な冒険 単行本5巻 「悪鬼の最後!の巻」に名前だけで登場

ライヴ・ワイアー
ジョナサン・ジョースター一行が死闘の末にディオを倒した後に語られる話の中で出てくる農夫の名前ジェフ・バック、漁師ダン・ハマーの元ネタは、ギタリストのジェフ・ベック(Jeff Beck)とキーボーディストのヤン・ハマー(Jan Hammer)。

ジェフ・ベックが『ワイアード』発表後、ヤン・ハマー・グループとのジョイントツアーの模様を編集したライヴ盤『ライヴ・ワイアー(Jeff Beck With the Jan Hammer Group Live)』。実質的にはヤン・ハマー・グループのライヴにジェフ・ベックが参加した形だ。
ギター職人、ジェフ・ベックの超絶プレイが堪能でき、ヤン・ハマーのモーグ・シンセサイザーも素晴らしい、緊張感みなぎるライヴ盤だ。
ほとんどの曲がヴォーカルなしのインストゥルメンタルだがその分ジェフベックのギターの音色が十二分に聴けて、その凄さを実感できる。こんな音もギターで出せるのか、と驚かされることしばしばだ。

特に1「フリーウェイ・ジャム」はギターの色んなテクニックが披露されたり、速弾きがあったりとどの部分も凄く、一音も聴き逃すことが出来ない。
ヴォーカルの入ったファンキーな曲調の中でもまるでギターが歌っているようなノリノリの2「アース」。ちょっとレゲエ調のリズムになっているがビートルズのカヴァーである3「シーズ・ア・ウーマン」。これもヴォーカル入りだがリズムの部分が異常にかっこよくはっきり言ってヴォーカルが邪魔なアップ・テンポの4「フル・ムーン・ブギー」。最初はちょっと退屈するが後半になるにしたがって俄然盛り上がってくる5「闇(Darkness/Earth in Search of a Sun)」。こちらも最初はスローなテンポだが2分あたりからの盛り上がりは凄まじいものがある6「スキャッターブレイン」。最後は会場も大いに盛り上がっているのが良くわかるアップテンポの7「蒼き風(Blue Wind)」。全編にわたるジェフ・ベックのギターの凄さを堪能して欲しい。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。