2014年01月19日

エイジャの赤石

エイジャの赤石:元ネタ スティーリー・ダンのアルバム『彩[エイジャ](Aja)』
ジョジョの奇妙な冒険 単行本7巻 「エイジャの赤石の巻」に登場

ミニフィギュアコレクションEX ジョジョの奇妙な冒険Vol.1 (第2部) 戦闘潮流  シークレット:エイジャの赤石  単品



彩(エイジャ)



石仮面の額にはめると特別なパワーをもたらす、カーズ達が必死になって探していたスーパー・エイジャ、エイジャの赤石の元ネタは、スティーリーダンの6thアルバム『彩[エイジャ](Aja)』。
ヴォーカル兼キーボードのドナルド・フェイゲンとベースのウォルター・ベッカーが中心となってニューヨークで結成されたバンド、スティーリー・ダンの最大のヒット・アルバム。

この作品はグラミー賞にも輝き、全米で3位、全英で5位の記録を残している。なんといってもこのアルバムはそのゲストミュージシャンの多彩さで有名だ。バンド結成時のメンバーはドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーだけになってしまい、他のパートをスタジオ・ミュージシャンやジャズ・フュージョン系のミュージシャンでがっちり固めた、世界最高のレコーディングの記録だ。ちょっと挙げるとラリー・カールトン、リー・リトナー、ウェイン・ショーター、ジョー・サンプル、マイケル・マクドナルドなどなど。

はっきり言って、ファンの前に顔を出さずにスタジオにこもって完璧なアルバムを作り上げさえすれば、商業的にも成功するという例を作った。

ただ完璧すぎるアルバムなだけに今までこのサイトで紹介してきたような熱さがちょっと足りないような感じがする。それだけ洗練されていて大人向きのアルバムだ。とにかくどの曲も洗練されているし、どのパートも本当に完璧な演奏ばかりで永く聴き継がれていくアルバムであろう。それだけ何回聴いても飽きないということだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。