2014年01月12日

エシディシ

エシディシ:元ネタ AC/DC(エーシー/ディーシー)
ジョジョの奇妙な冒険 第7巻 「究極戦士ワムウの巻」に登場

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 46.エシディシ(荒木飛呂彦指定カラー)



地獄のハイウェイ



エシディシの元ネタ、AC/DC『地獄のハイウェイ(Highway to Hell)』。
AC/DCはアンガス・ヤング、マルコム・ヤングのヤング兄弟を中心に1973年にオーストラリアで結成された、ハード・ロック、ヘヴィ・メタル・バンド。結成当時はバンド・メンバーが入れかわり安定しなかったが、ヴォーカルにボン・スコットを迎えて1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ』を発表する頃からようやくバンドとして安定していく。そして1979年に6thアルバム『地獄のハイウェイ』の発表により世界的な成功を収めることになる。しかしこの次の年ボン・スコットが突然亡くなってしまうのである。死因については色々な噂が飛び交っていた。その後バンドは解散をも考えたみたいだが、新しいヴォーカリスト、ブライアン・ジョンソンが加入して彼ら最大のヒット・アルバム『バック・イン・ブラック』を発表するのである。チャートこそ全米4位、全英1位だが売り上げが現在までで全世界で4900万枚を超えるセールスを記録している。しかしこの新ヴォーカルの歌声は独特で鶏の首を締め上げたら出てくるような声で一般受けするようなものではないのだが。その後もコンスタントに傑作、良作を世に送り出している。紹介している『地獄のハイウェイ』は非常にノリのいい、わかりやすいロック・アルバムだし、このアルバムと『バック・イン・ブラック』は本当にロック史に残る必聴の名盤だ。他にも、もし要望があれば紹介しようと思う。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。