2014年01月17日

鋼線(ワイアード)のベック

鋼線(ワイアード)のベック:元ネタ ジェフ・ベック『ワイアード』
ジョジョの奇妙な冒険 第10巻 「絹の舞いリサリサの巻」に登場

ジョジョの奇妙な冒険ABC 1弾 【コモン】 《キャラカード》 J-059 鋼線のベック



ワイアード



カーズが「太陽から身を守る宿」としたホテルでリサリサにあっさり負ける鋼線のベックの元ネタ、ジェフベック(Jeff Beck)『ワイアード(Wired)』。
いきなり1曲目からすごい。
1「レッド・ブーツ(Led Boots)」は尋常じゃないぐらいかっこいい。ジェフ・ベックのギターだけじゃなくすべてのパートがすごい迫力で迫ってくる。
若い時ヴォーカルの入ったロックばかり聴いていた時はこの良さがわからなかった。でもジャズなどを聴いてきた後だとこの凄さがわかる。
とにかく全員が超絶テクニックの持ち主だ。他もすべてインストゥルメンタルで退屈だと思う人もいるかもしれない。しかしジェフ・ベックが作り出すギターの音色に耳を傾けて欲しい。まさにギター職人といった感じだ。このギター・プレイに対する探究心は今でも変わっていない。そういう所がバンドとしては長続きしないのだろう。
どの曲もバラエティに富んでいて飽きさせることがないし、何度聴いても新しい発見がある。
もしこのアルバムが気に入れば、次はフュージョンなどを聴いてみてはどうだろうか。そしたら次はジャズと、どんどん音楽の幅が広がっていくだろう。
とにかく「レッド・ブーツ」、これだけでも聴いて欲しい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。