2014年01月27日

オランウータン、フォーエバー

オランウータンのフォーエバー:元ネタ ウータン・クランのアルバム名『ウータン・フォーエバー』
ジョジョの奇妙な冒険 単行本14巻「力(ストレングス)その@」登場

ジョジョの奇妙な冒険ABC J-146 フォーエバー、J-313 力 セット(タロットカードエディションより)

Wu-Tang Forever
空条承太郎一行が船で出会うオランウータン、その名がフォーエバー。これを2つ足してアメリカのラッパー集団ウータン・クランの2ndアルバム『ウータン・フォーエヴァー(Wu-Tang Forever)』。

RZA、GZA、Method Man(メソッド・マン)、Ol' Dirty Bastard(オール・ダーティー・バスタード )、Raekwon(レイクウォン)、Ghostface Killah(ゴーストフェイス・キラ)、などからなるメンバーで結成されたラッパー集団。ここに名前を挙げたメンバーはすべてソロでもアルバムを発表しているほどの個性派集団だ。その個性的なあくの強いメンバーを束ねているのが、Gravediggaz(グレイヴディガーズ)としても名作『6 Feet Deep』を発表している、プリンスラキームことRZAだ。彼はボビー・デジタル(Bobby Digital)という名義でソロ・アルバムを発表している。

彼らが1993年に発表したデビューアルバム『燃えよウータン(Enter the Wu-Tang (36 Chambers)』はヒップホップ界に衝撃を与えた。特にヒップホップとカンフーの融合というとんでもないアイデアに驚かされた。そして1997年に発表されたのが『ウータン・フォーエバー』だ。2ndアルバムにして、もう2枚組の大作を発表するという才能のかたまりのような集団だ。とにかく個々の個性、力量が半端じゃない。しかし、この2ndは前作ほどカンフーの要素が入っていないのが少し残念でならない。ロック・リスナーにとってはちょっとしんどい曲も多いと思う。1枚目の2、3、7、辺りがロック・リスナーにもオススメだ。


ラベル:フォーエバー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。