2014年02月04日

ズィーズィー

ズィーズィー:元ネタ ズィーズィー・トップ(ZZ Top)
ジョジョの奇妙な冒険 単行本16巻「運命の車輪(ホウイール・オブ・フォーチュン)」

ジョジョの奇妙な冒険ABC J-302 ズィー・ズィー、J-182 運命の車輪 セット(タロットカードエディションより)

イリミネイター(紙ジャケット&SHM-CD)

自動車のスタンド「ホイール・オブ・フォーチュン」を操る貧相な男ズィーズィーの元ネタは、アメリカのバンド、ズィーズィー・トップ(ZZ Top)。

伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)にも認められたギター兼ヴォーカルのビリー・ギボンズ (Billy Gibbons)を中心に、ベース兼ヴォーカルのダスティ・ヒル (Dusty Hill)、ドラムのフランク・ベアード (Frank Beard)の3人でアメリカのテキサス州で結成され40年以上メンバー・チェンジをしていないロック界では希有な存在で、ひげ面が特徴的な風貌のアメリカを代表するバンド。

上記はそんな彼らの8thアルバム『イリミネイター(紙ジャケット&SHM-CD)(Eliminator)』で、これまではテキサスの風土を感じさせる泥臭いロックをやってきたが、このアルバムからシンセサイザーやシーケンサーを取り入れるようになった。そしてこのアルバムで彼らは世界的に成功を収めるのだ。
全米アルバムチャートで9位を記録し、全米だけで売り上げ1000万枚以上の大ヒット。全英では最高位3位に達し、137週に亘ってチャート・インするというロングセラー・アルバムに。他の国でもヒットし、世界的にロックの名盤として認識されている。しかしこのサウンドに今までのファンは戸惑っただろうと思う。
シングルも6「レッグス(Legs)」が全米シングル・チャート8位を記録し、ビデオ・クリップがMTVでよく流れていた。非常に軽快なロックン・ロールで、その独特のギターの音色がまたかっこいい。アメリカではトラック運転手が好んで聴いていたことから、当時カセット版がよく売れたらしい。たしかにドライブには最適な1枚である。


posted by captainhiltz at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。