2014年02月06日

アラビア・ファッツ

アラビア・ファッツ:元ネタ ファッツ・ドミノ(Fats Domino)
ジョジョの奇妙な冒険 単行本18巻「太陽」に登場

ジョジョの奇妙な冒険ABC J-233 アラビア・ファッツ、J-323 太陽 セット(タロットカードエディションより)

FATS ROCKS
太陽そのものの形をしたスタンド「サン」を操る小男アラビア・ファッツの元ネタは、アメリカのヴォーカリスト兼ピアニスト、ファッツ・ドミノ(Fats Domino)。

トランペッターであり作曲家でもあるデイヴ・バーソロミュー(Dave Bartholomew)と、所属していたインペリアル・レコードの社主ルー・チャッドが初めてファッツ・ドミノを見てほれ込み、即契約してデイヴ・バーソロミュー・プロデュースで1949年に「Detroit City Blues」でデビュー、B面の「The Fat Man」がR&Bチャート2位のヒットに。インペリアル・レコードには1962年までの13年間在籍し約240曲を録音し、R&Bチャートに58曲を入れ、その内1位が9曲、2位が8曲、トップ10が39曲というとてつもない数のヒット曲を世に送り出したのである。

特に「ブルーベリー・ヒル(Blueberry Hill)」が有名で、この曲はグレン・ミラーのビッグ・バンド・バージョンやルイ・アームストロングの歌で親しまれていたが世界的にヒットさせたのはファッツ・ドミノだ。このレコードは全世界で500万枚以上の売り上げを記録している。他にも「Ain't That A Shame」、「Walking To New Orleans」、「I'm Walkin'」、「Blue Monday」などヒット曲が多数あり、どれもごきげんに、はじけるブギ・ピアノが最高だ。ちなみに1986年の第1回ロック殿堂入りの1人だ。他にも第1回はチャック・ベリー(Chuck Berry)、ジェームズ・ブラウン(James Brown)、レイ・チャールズ(Ray Charles)、サム・クック(Sam Cooke)、エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)、バディ・ホリー(Buddy Holly)、ジェリー・リー・ルイス(Jerry Lee Lewis)、リトル・リチャード(Little Richard)、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)という顔ぶれだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。