2014年02月09日

アブドゥルの飼っている鶏の名前マイケルの元ネタ、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)

マイケル:元ネタ マイケル・ジャクソン
ジョジョの奇妙な冒険 19巻「審判」に登場

スリラー
紅海の小島で空条承太郎一行を待ち受けていた、父親に変装したモハメド・アヴドゥルが飼っている3羽の鶏の名前、マイケル、プリンス、ライオネルの元ネタは、順にマイケルジャクソン(Michael Jackson)、プリンス(Prince)、ライオネル・リッチー(Lionel Richie)。

今回は誰でも知ってるマイケル・ジャクソン。1966年に4人の兄達と結成したジャクソン5(The Jackson 5)でインディーズよりデビュー。1968年にR&Bの名門レーベル、モータウン(Motown)と正式契約を交わし、シングル「帰ってほしいの(I want you back)」でメジャー・デビュー。当時マイケル・ジャクソンは11歳でグループのリード・ヴォーカルを務めていた。この曲は見事全米1位に、次のシングル「ABC」もビートルズの「レット・イット・ビー」を引き摺り下ろし、見事1位に。続いて「小さな経験(The Love You Save)」、「I'll Be There」も1位を獲得し、デビュー曲から4曲連続で全米1位を獲得するという快挙を成し遂げる。

その後マイケルはソロ・デビューを果たし、「ベンのテーマ(Ben)」が大ヒットする。そしてクインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎えたアルバム『オフ・ザ・ウォール(Off The Wall)』を発表し、ここから全米シングル・チャート・トップ10に4作連続で送り込むという快挙を成し遂げる。

そして遂にとてつもないモンスター・アルバムを発売する。そのアルバム『スリラー(Thriller)』はレコード・CDとして歴史上最も多くの売り上げを記録したアルバムとして、ギネス・ブックに掲載されている。その売り上げは2億5000万枚以上という、とてつもない数字だ。ほぼ日本の総人口の2倍ぐらいだ。チャートでもビルボード誌で全米アルバムチャート通算37週1位という記録は、映画のサウンド・トラックを除けば1位である。ちなみにこの上に1位の『南太平洋South Pacific (1958 Film Soundtrack)』が通算69週、2位の『ウエスト・サイド物語』が通算54週で、それに次いで『スリラー(Thriller)』は3位である。両作品ともミュージカル映画のサウンド・トラックである。

このように、記録だけ見るだけでもとてつもない名盤だということがわかるだろう。多分今さら購入する人はいないと思うが。なんとこのアルバム全9曲からシングルカットが7曲という、まさに捨て曲無しの作品だ。そしてこのアルバムを代表する曲がタイトルトラックの4「スリラー(Thriller)」で、プロモーション・ビデオの制作になんと1億2000万円をかけたという力の入れようだった。約14分におよぶホラー映画風のショート・フィルムの出来は圧巻の一言だ。この映像は誰でも少しは見たことがあるんじゃないだろうか。

その後マイケルはアルバム『バッド(Bad)』をヒットさせるも前作のような数字は残せず、そしてその後ヒット曲もあまり生まれなくなり、2005年6月25日に50歳という若さでこの世を去ってしまう。晩年はプライベートなことで話題に挙がることのほうが多かったのが残念でならない。

Thriller (25th Anniversary Edition CD/DVD)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。