2014年02月25日

ケニーGの元ネタ、ケニー・G(Kenny G)

ケニーG:元ネタ ケニー・G(Kenny G)
ジョジョの奇妙な冒険 単行本26巻「亜空の瘴気ヴァニラ・アイス」に登場

ジョジョの奇妙な冒険ABC 4弾 【コモン】 《キャラカード》 J-376 ケニーG

グレイテスト・ヒッツ〜ニュー・エディション
相手に幻覚を見せるスタンド「ティナー・サックス」を操り、DIOの館に巨大迷路を張りめぐらせたがあっけなくやられたケニーGの元ネタは、アメリカのソプラノ・サックス奏者、ケニー・G(Kenny G)。

1976年ケニー・Gは、アルバムシングルの総売り上げが1億枚を超えるアメリカのシンガー・ソングライター、バリーホワイト(Barry White)のバック・バンドとしてプロ・ミュージシャンの道を歩みだす。その後1981年にケニー・Gとしてソロ・アーティストとしての活動をしていくことになる。ホイットニー・ヒューストン、アレサ・フランクリン、チャカ・カーン、バーブラ・ストライサンド、ダリル・ホール、マイケル・ボルトン、バート・バカラックなど多数のアーティストと共演している。ここに挙げたのはほんの一部だ。個人的には1990年のグラミー賞でのマイケルボルトンとの共演のパフォーマンスが鮮明に、目に、耳に焼きついている。

1987年には『デュオトーンズ(Duotones)』からのシングル「ソングバード(Songbird )」がビルボードポップチャートの4位を記録している。これはインストゥルメンタルの曲としては驚異的なヒットである。1992年にはアルバム『ブレスレス(Breathless)』が全米アルバムチャート2位を記録し、売り上げも1200万枚を超えるほどの大ヒットになる。このアルバムからは「フォーエヴァー・イン・ラヴ(Forever in Love)」がグラミー賞最優秀インストゥルメンタル作曲賞を受賞している。

その後も「最も長いロングトーンをするサックス奏者」、「累計アルバム売上枚数の最も多いジャズ・アーティスト」としてギネス・ブックに掲載されたりしている。しかしジャズ畑には全く認められていないのが現状だ。彼が推進したスムーズ・ジャズは、「ジャズではない」という声が多い。しかし、それはあまりにも売れすぎたための嫉妬ではないだろうか。

個人的には6「ザ・モーメント(The Moment )」を聴くと、1995年の正月にTBS系列で放送された「さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル」にVTR出演している彼の映像が思い浮かんで、涙が出てくる。この時のエピソードは今年の正月にも「もう一度見たいシーン」として同番組で放送されて、また泣いてしまった。それぐらい彼の音楽は人の琴線に触れるものだと思う。ジャズじゃないと言われようと良い音楽にジャンルは関係ないだろう。


posted by captainhiltz at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ/フュージョン その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。