2014年03月16日

吉良吉影のスタンド、キラークイーン、シアーハートアタックの元ネタ クイーンの『シアー・ハート・アタック』より

このシリーズ最強、最大の敵、吉良吉影のスタンドで、触れた物を爆弾に変える能力の「キラークイーン」とその第二の爆弾で、ドクロをあしらった丸い物体にキャタピラがついた形のスタンド「シアーハートアタック」の元ネタは、イギリスのハード・ロック・バンド、クイーンの3rdアルバム『シアー・ハート・アタック(Sheer Heart Attack)』から取られている。

クイーンは、天文学の博士号を持つギタリスト、ブライアン・メイとロンドン大学で学んだドラムもロジャー・テイラーによって結成されたスマイルというバンドが母体となっている。そこにグラフィック・デザイナーの心得もあるヴォーカルのフレディ・マーキュリー、そしてオーディションで参加したベースのジョン・ディーコンが加わり、クイーン(Queen)が結成される。ちなみにジョンは電子工学の名誉学位を持っている。

このように彼らには、従来のロック・ミュージシャンにありがちな、貧しさから抜け出すためや、社会からドロップアウトしたためといった負の要素はみじんもない。バンド結成当初はそんな出自の良い彼らのお遊び的なバンドと思われたのかもしれない。だから評論家からは「レッド・ツェッペリンなどのいろんな先輩バンドの良い所を寄せ集めただけのバンド」と酷評される。

アルバム1枚目、2枚目と思ったような結果が出なかったが、ようやく今回元ネタになっている3rdアルバム『シアー・ハート・アタック』でブレイクする。先行シングル2「キラー・クイーン(Killer Queen)」が母国イギリスで2位を記録し、全米でも初のトップ20入りを果たす。アルバムも全英2位、全米12位の記録を残す。アルバム・トータル・セールスも現在までで、全世界で800万枚以上のビッグ・セールスを記録している。そして1974年のこの年イギリスの音楽新聞「メロディ・メーカー誌」がバンド・オブ・ザイヤーとして彼らを選出したのだ。

元ネタになっている「キラークイーン」はもちろん名曲だが、個人的にはスラッシュ・メタルの代表的バンド、メタリカが昔からカヴァーしている8「ストーン・コールド・クレイジー(Stone Cold Crazy)」の荒々しいかっこよさが大好きだ。一般的にはフレディの綺麗なヴォーカルに注目がいくようだが、1「ブライトン・ロック(Brighton Rock)」のような激しい曲も注目だと思う。

デビュー当時の彼らを支えたのは、10代の少女たちだった。彼女らは、評論家が酷評するのもどこ吹く風と、彼らに熱中していった。特に日本において、本国イギリスやアメリカなどより、はるかに熱い声援で歓迎されたのも彼らの特徴である。その証拠に彼らの初来日の際には、空港に1200人のファンが押し寄せた。

彼女たちにとって、ロックやポップスに目覚めたときには、もうビートルズは解散して存在せず、かと言ってレッド・ツェッペリンだと男くさく、ワイルドすぎたのだろう。そこにちょうど登場したのが彼らであった。パリ・コレ常連のデザイナーが手がけたフレディのステージ衣装は、レースやリボンが施されたもので、どこか中世のヨーロッパを想起させ、ちょっと浮世離れした独特の彼らの世界観が彼女たちを虜にさせたのかもしれない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。