2014年04月04日

レオーネ・アバッキオのスタンド、ムーディー・ブルースの元ネタ イギリスのプログレ・バンド ムーディー・ブルース(The Moody Blues)

ブローノ・ブチャラティの部下の一人レオーネ・アバッキオのスタンド「ムーディー・ブルース」の元ネタは、1960年代から現在も活動するイギリスのプログレッシブ・バンド、ムーディー・ブルース(The Moody Blues)だ。

1964年にキーボードのマイケル・ピンダー、ギター兼ヴォーカルのデニー・レイン、フルートヴォーカル兼のレイ・トーマス、ベースのクリント・ワーウィック、ドラムのグレアム・エッジの5人によって結成され、当初はリズム・アンド・ブルース(R&B)をやるバンドであった。デッカ・レコードからデビューシングルを発売するも不発に終わる。しかし1965年1月に発売したマイナーな女性R&Bシンガー、ベッシー・バンクスのカヴァー曲「ゴー・ナウ(Go Now)」が見事全英1位を獲得、全米でも10位と大ヒットする。しかしこの大ヒット曲のインパクトが強かったため、その後の2枚のシングルはそれほどヒットせず、彼らはしばらく沈黙する。

その間に、デニー・レインとクリント・ワーウィックが脱退。ちなみにデニー・レインはドラマー、ジンジャーベイカーがクリーム(Cream)、ブラインド・フェイス(Blind Faith)を経て結成したバンド、ジンジャー・ベイカーズ・エア・フォースに加入し、その後、元ムーブのベーシスト、トレヴァー・バートンと共演し、そこにエアフォースにいたドラムのアラン・ホワイトを加えて、ボールズとしてデビューする。その後ポール・マッカートニーのウイングス(Wings)のギタリストとして結成メンバーとして参加する。

ムーディーブルースは2人の抜けた穴を埋めるため、ギター兼ヴォーカルのジャスティン・ヘイワードとベースのジョン・ロッジを加える。この段階で結成当初目指していたR&Bやブルースに傾倒したものから、メロトロンやシンセサイザーなどの電子楽器を駆使したプログレッシブなロックに傾倒していく。

そして1967年に名作『デイズ・オブ・フューチャー・パスト(Days of Future Passed)』をデッカの子会社デラムより発表する。当時としてはまだ珍しいコンセプト・アルバムで、1日の始まりから終わりまでをテーマに作られた、クラシック的で壮大なスケール感を感じさせる作品に仕上がっている。

のちにディープ・パープルなども行なったオーケストラとの共演をいち早く実現し、ロックとクラシックの融合という試みをはじめて完成させた作品である。アルバム一枚を通して聴くと名作映画のサウンド・トラックを聴いているような感じになる。

アメリカでシングル7「サテンの夜( Nights In White Satin)」が全米2位の大ヒットを記録するのは1972年になってからである。ちなみに母国イギリスでこの曲は68年に19位を記録している。7分を超える彼ららしい非常に壮大でドラマチックな名曲だ。いまだにムーディー・ブルースといえばこの曲というぐらい定番の曲だ。でもやっぱりシングルでわかるような曲ではないと思う。アルバム1枚を通しての、この曲だろう。だからいつも1枚通して聴くことにしている。

余談だが、4月4日深夜24時30分からアニメ ジョジョの奇妙な冒険 第三部スターダストクルセイーダースがTBS系列でスタートする。地域によってOA日が多少異なるが、非常に楽しみである。まず空条承太郎の声が合っているかどうかが心配だ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。