2014年05月12日

空条徐倫(ジョリーン)の元ネタ ドリー・パートンの「ジョリーン(Jolene)」 スタンド、ストーン・フリーの元ネタ ジミ・ヘンドリックスの楽曲

今回からジョジョの奇妙な冒険、第6部ストーンオーシャン。主人公である空条徐倫(ジョリーン)の元ネタは、アメリカのカントリー・ミュージックのシンガー・ソングライター兼女優のドリー・パートン(Dolly Parton)の1974年のヒット曲「ジョリーン(Jolene)」と思われるが、もしかしたらオリビア・ニュートンジョンのカヴァー・ヴァージョンかもしれない。最近ではアメリカのザ・ホワイト・ストライプス(The White Stripes)がカヴァーしていたのでそこで知った人も多いかもしれない。

ドリー・パートンは、学生の頃すでにレコードを1枚出し、テレビにも出演していた。歌手として大きなチャンスが訪れるのが、1967年にカントリー歌手のポーター・ワグナーのテレビ番組「ポーター・ワゴナー・ショー」と彼らとの地方巡業によって少し名前を知られるようになる。このベスト・アルバムにも6、9、13、14と彼とのデュエット・ソングが入っている。

その後、今回の元ネタ「ジョリーン」や「クリア・ブルー・モーニング」がヒットし、1978年には「愛のほほえみ」がポップ・チャートの3位を記録する。そして1981年に『9時から5時まで』で映画デビューを果たし、同名主題歌を作曲して歌い、見事全米シングル・チャート1位を獲得している。彼女はグラミー賞に42回ノミネートされ、7回受賞しているカントリー・ミュージックを代表する女性シンガーだ。カントリーなのであまり日本では馴染みがない。

ほかにも有名な曲で1974年に発表した「オールウェイズ・ラヴ・ユー」があり、この曲はホイットニー・ヒューストンが映画『ボディガード』の主題歌としてカヴァーして世界的に大ヒットし、全米チャート14週連続1位という輝かしい記録を残す。ちなみにこの曲が収録されている『ボディガード』のサントラは全世界で4000万枚以上のビッグ・ヒットになっている。そんなすごい曲を作詞、作曲した彼女の才能に驚かされる。彼女のオリジナル・ヴァージョンはホイットニーほど声を張り上げていないので、個人的にはこちらの方が好きだ。ホイットニーの方はこれ見よがしなヴォーカルがちょっと耳にうっとうしい。

「ジョリーン」は、抑え気味なギターのイントロから始まり「ジョリーン、ジョリーン、ジョリーン、ジョリーン」という印象的なフレーズが続く、どこかちょっと悲しげな感じのする歌だ。内容は主人公がジョリーンに対して「お願いだから私の恋人を取らないで」と切々と語り、「私はあなたにはかなわないんだから」ということの理由がつづられている。ジョリーンは面白半分に誘いをかけていて、悪い女のようで漫画のジョリーンとは大分イメージが違う。

ほかにもこのベストアルバムにはビートルズの「ヘルプ」のカヴァーという異色なものもある。カントリー・ブルーグラス調のなかなかスピード感があって、いいカヴァー・ヴァージョンだ。

最後にジョリーンのスタンド「ストーン・フリー」について、元ネタはザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの楽曲「ストーン・フリー(Stone Free)」だが、この曲はシングル・カットされるも、全米、全英ともチャート・インしていない。この曲が収録されているアルバム『アー・ユー・エクスペリエンスト?(Are You Experienced)』は第5部のフーゴの時に触れている。


posted by captainhiltz at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。