2014年05月26日

ミラションのスタンド、マリリン・マンソンの元ネタ アメリカのロック・バンド マリリン・マンソン (Marilyn Manson)

ミラションのスタンド「取り立て人マリリン・マンソン」の元ネタは、アメリカのロック・バンドの名前マリリン・マンソン(Marilyn Manson)であり、そしてバンドのヴォーカル、本名ブライアン・ヒュー・ワーナーの芸名マリリン・マンソン。

厳しいカトリック教徒の両親の元に生まれ、幼い頃より徹底的にキリスト教を叩き込まれた彼は、それに反発するようにタバコや麻薬、そしてタトゥーを入れたりと素行不良になる。そして大学でジャーナリズムと劇文学を専攻する。20歳の頃、大学で知り合ったメンバー達とマリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズというバンドを結成し、1992年にバンド名をマリリン・マンソンと改める。ちなみにこの名前は、マリリン・モンローと、1969年に、映画監督ロマン・ポランスキーの妻シャロン・テートを殺したカルト教団の教祖チャールズ・マンソンから取っている。

そして1994年に、ナインインチネイルズのトレント・レズナーと、その元マネージャーによってインタースコープ・レコードの傘下に創設されたレーベル、ナッシング・レコードよりデビュー・アルバム『ポートレイト・オブ・アン・アメリカン・ファミリー(Portrait of an American Family)』をトレント・レズナー・プロデュースで発表する。ちなみにインタースコープ・レコードも元ワーナーミュージックの傘下であり、現在はユニヴァーサル・ミュージックの傘下にある。

そして1995年にEP『スメルズ・ライク・チルドレン(Smells Like Children)』を発表し、シングル「スウィート・ドリームス(Sweet Dreams)」がヒットし、世界的に名前が知られるようになる。EPとなっているがほとんどアルバム並みのヴォリュームである。そして1996年に発売されたのが、今回紹介する彼らの2ndアルバム『アンチクライスト・スーパースター(Antichrist Superstar)』である。この作品は全米アルバム・チャート、初登場3位を記録している。

アメリカのコロンバイン高校で起こった銃乱射事件の原因が彼らの曲にあるなどと言われ、何かと問題視されるアーティストだが、英語圏でない我々には彼らの歌詞がどれほど影響を及ぼすものなのかいまいち解りにくいところではあるが。しかし彼らはシアトリカル・メタルと呼ばれたりするだけあって、その内容は非常に演劇的であり、作りこまれた設定である。このアルバムのビデオ・クリップも当時ビデオを買って見たが、いかにもナチスを意識した作りになっているものがあったり、確かに問題になるだろうなというものもあったが、あくまでもキャラクターなのだからそれほど大騒ぎするほどだろうかと思ったのも確かだ。

サウンド自体はナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)のトレント・レズナーがプロデュースするだけあって彼らのようにインダストリアル・ロックを基調にしたラウドな仕上がりになっている。しかしナイン・インチ・ネイルズの名作『ザ・ダウンワード・スパイラル(The Downward Spiral)』のような衝撃はなく、普通に聴けるアルバムだ。

1「イレスポンシブル・ヘイト・アンセム(Irresponsible Hate Anthem)」は、スピード感があってなかなか破壊力のある楽曲だ。他にも5、13あたりが少しスピード感があるが、それら以外はほどんどがミドルテンポかスローテンポな感じであり、もうちょっとスピード感のある曲が欲しかったというのが個人的な意見だ。そしてタイトル・トラックの12「アンチクライスト・スーパースター」のPVが先程触れた、もろにナチスのヒットラーを意識した内容である。演説台に立ってマリリン・マンソンが歌っているシーンが印象的だったのを思い出す。曲自体はスロー・テンポにあまり抑揚のないヴォーカルが続く、どこか先導的な感じがする仕上がりになっている。そんな中で一番のお気に入りは2「ザ・ビューティフル・ピープル(The Beautiful People)」だ。タイトなドラムから始まり、抑えたヴォーカルが続き、徐々にヴォーカルも激しさを増していき盛り上がっていく。そしてこのギター・リフがいい。マンソンの中で一番好きな楽曲である。

『反キリストのスーパースター』とは、彼の生い立ちなどを考えるとありがちな感じで、ちょっと底が浅い感じはする。それでもサウンド自体は素晴らしく、彼らの最高傑作と言ってもいいのではないだろうか。


posted by captainhiltz at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。