2014年06月25日

ジョニィ・ジョースターの元ネタ アメリカのロックン・ロール・ミュージシャン チャック・ベリーの楽曲「ジョニー・B.グッド」

今回から「ジョジョの奇妙な冒険」第7部スティール・ボール・ラン。まずこのシリーズの主人公の一人ジョニィ・ジョースターの元ネタから。これはロックン・ロールの草創期のスター、チャック・ベリー(Chuck Berry)の代表曲「ジョニー・B.グッド(Johnny B. Goode)」が元になっている。初めの頃はこの元ネタとは思わなかったが、第6巻のジャイロ・ツェペリのセリフに、この曲のサビの部分がそのまま使われていたので納得いった。それが、ディエゴ・ブランドーのスタンドに追われている時にジャイロがジョニィに対して言ったセリフ「GOッ!ジョニィ!GOッ!」である。

1926年にアメリカはミズーリ州のセントルイスに生まれた彼は、6歳の頃に他の黒人アーティスト同様、教会の聖歌隊に入る。そして高校時代にギターを手にするのだが、不良仲間の影響を受けて、17歳の時に窃盗犯として逮捕され、3年間を感化院で過ごすことになる。出所後、セントルイスの「コスモポリタン」というクラブでプロのミュージシャンとして活動をはじめ、53年に彼の憧れのピアニストであり、この曲のモデルになっているジョニー・ジョンソンが率いていたサー・ジョン・トリオにギタリストとして加入する。そして彼のステージを見たブルース界の大御所マディ・ウォーターズに、自身が所属するチェス・レコードの社長を紹介され、契約を交わすことに。同年1955年に「メイベリーン(Maybellene)」でデビューを飾り、全米5位の大ヒットに。この曲は、1950年にカントリーのボブ・ウィルス&ヒズ・テキサス・ボーイズがヒットさせた「アイダ・レッド・ライクス・ザ・ブギ」を下敷きに、歌詞とタイトルを変えた作品である。こうして一躍スターの座に着いた彼は、翌年には「ロール・オーヴァー・ベートーヴェン(Roll Over Beethoven)」をヒットさせる。そして映画の話も舞い込み、56年には『ロック・ロック・ロック』、57年には『ミスター・ロックンロール』に出演し、さらにヒット曲も連発していく。57年には「スクール・デイズ(School Days)』が全米3位に、「ロックンロール・ミュージック(Rock and Roll Music)」が全米8位に、58年には「スウィート・リトル・シックスティーン(Sweet Little Sixteen)」が全米2位に、そして今回の元ネタ「ジョニー・B.グッド(Johnny B. Goode)」が全米8位に、「キャロル(Carol)」が全米18位を記録するヒットに。しかしここまでが彼の全盛期で、これ以降は私生活で問題があり失速していくことに。59年12月にマン法違反で逮捕され、刑務所に入り、63年に出所するも時代はロックン・ロールの時代からロックの時代へと移り変わり、彼の活躍の場はもはや無かったのである。要はエルヴィス・プレスリーからビートルズに王座が交代したということだ。その後は1972年に「マイ・ディンガリング(My Ding-A-Ling)」が全米1位を獲得した以外は、それほど目立ったヒットは出していない。

この元ネタ曲「ジョニー・B.グッド」は数多くのアーティストがカヴァーしている。主なのを挙げれば、ビートルズ、ザ・ビーチ・ボーイズ、エルヴィス・プレスリー、エアロスミス、AC/DC、ジミ・ヘンドリックス、ジョニー・ウィンター、ジューダス・プリースト、セックス・ピストルズ、プリンス、グリーン・デイだ。そして印象的だったのが、1985年公開の大ヒット映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、マイケル・J・フォックス演じる主人公が1955年にタイムスリップして、そこの高校のダンス・パーティーでこの曲を披露するのだが、この時チャックベリーの得意なパフォーマンス、ダック・ウォークも忠実に再現されており、それを舞台袖で見ていたマーヴィン・ベリーというギタリストが、曲作りに悩んでいる従兄弟に、この曲を聞かせようと電話するシーンがある。その従兄弟の名前がチャックといい、つまりチャック・ベリーのことである。チャック・ベリーは、未来から来た青年が演奏するこの曲を聞いて「ジョニー・B.グッド」を書いたという、タイム・パラドックスになっており非常に興味深い。もしかしたら、ここで初めてこの曲を聞いたという人もいるかも知れない。多分あのギターのイントロは誰でも知っているのではないだろうか。それぐらい有名で、もはやロックのスタンダードである。


posted by captainhiltz at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。