2014年08月11日

フェルディナンド博士の元ネタ スコットランドのロック・バンド フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)

ファニー・ヴァレンタイン大統領がジャイロたちを暗殺するために送り込んだ刺客フェルディナンド博士の元ネタは、スコットランドのロック・バンド、フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)。

フランツ・フェルディナンドは、2001年にスコットランドの最大の都市グラスゴーのアート系の大学に通っていたヴォーカル兼ギターのアレックスとベースのボブが中心になって2001年に結成されたバンドである。バンド結成の動機は、「女の子が踊れるような音楽を作る」というなんとも軽いものである。そしてこのバンド名の由来は、元々誰もが学校で習う歴史的要素を含んだものしたかったアレックスが、テレビで競馬中継を見ていた時に「大公」という馬が出走しており、そこからサラエボ事件で暗殺され、第1次世界大戦勃発のきっかけとなったとされるオーストリアのフランツ・フェルディナント大公を連想し、バンド名にしたという。そしてなんと言ってもその響きが非常に気に入ったらしい。

そして彼らは2002年にグラスゴー芸術大学の展覧会で初めてライヴを行い、その年は地元のパブでも演奏をするようになり、翌2003年6月に地元のインディーズ・レーベル、Domino Recordsと契約し、9月にはデビュー・シングル「ダーツ・オヴ・プレジャー(Darts Of Pleasure)」を発売する。そしてイギリスの音楽誌「NME」などが大々的に取りあげ、全英で超大型新人として注目を集めるようになる。

そして2004年1月に2ndシングル「テイク・ミー・アウト(Take Me Out)」を発表する。この時も「NME」が取りあげ、「このバンドが君の人生を変える」という何とも大そうなキャッチ・フレーズで大騒ぎする。2月に待望のデビュー・アルバム『フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)』を発表し、インディーズながら発売1週間で8万枚を超えるセールスを記録する。そして全英チャートで見事初登場3位をマークする。そしてこの状況に目をつけたアメリカのエピック・レコードと巨額の契約金で契約を交わし世界デビューし、全米チャートで32位を記録する。6月には日本盤も発売されてオリコンでも18位を記録し、全世界で400万枚を超える大ヒットを記録し、グラミー賞にもノミネートされ、イギリスではブリット・アワード、マーキュリープライズ、NMEアワードという3大音楽賞を同時に受賞するという、新人としては史上初の快挙を達成する。

しかしそれほどのアルバムなのだろうか。確かにダンサブルで非常に耳になじみやすく1回聞いただけで親しみを覚える曲が多いが、あまり音楽的に深さを感じない。1曲目の「ジャクリーン(Jacqueline)」は、アップテンポなのだがどこか哀愁があっていい。2曲目はちょっと裏返ったようなヴォーカルが好きになれない。3曲目「テイク・ミー・アウト」はさすがにヒット曲だけあって聞きやすい。

4「ザ・ダーク・オヴ・ザ・マチネ(The Dark of the Matinée)」は出足のギター・リフはカッコいいが、テンポを落として歌われるところがいまいちだ。もっとカッコいいリフのまま進んで欲しかった。5「アウフ・アクサ(Auf Achse)」はちょっと抑え気味なヴォーカルから激しくなるサウンドはまずまずだ。6「チーティング・オン・ユー(Cheating On You)」もギター・リフがカッコよく仕上がっている1曲。7「ディス・ファイア(This Fire)」は、執拗に続く同じギター・リフがちょっとしつこく感じる。

8「ダーツ・オヴ・プレジャー(Darts of Pleasure)」は、軽快なズッチャッ、ズッチャッと鳴るギターが特徴的なアップ・テンポな曲だが、他の曲と同じようにテンポを何度か変えている。9「マイケル(Michael)」も相変わらずテンポが変わる構成になっていてちょっと飽きてきた。最初のギターのイントロはカッコいいのだが。10「カム・オン・ホーム(Come on Home)」は軽快なドラムに刻むようなギターがうまく絡んでいて、なかなかの出来だ。11「40’」は抑えたヴォーカルがミドル・テンポにマッチしていて、力の抜けた仕上がりだ。

元々今のUKロックはあまり好きではないのでこのレビューもあまり気合が入らなかったというのが正直な意見だ。


posted by captainhiltz at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。