2013年12月28日

タルカス

タルカス:元ネタ エマーソン、レイク&パーマーの2nd『タルカス』
ジョジョの奇妙な冒険 単行本3巻 「暗黒の騎士達の巻」に登場

タルカス+1(SHM-CD紙ジャケット仕様)
タルカスの元ネタは1971年にエマーソン、レイク&パーマー(Emerson, Lake & Palmer)が2ndアルバムとして発売したタイトル名『タルカス+1(SHM-CD紙ジャケット仕様)(Tarkus)』。
キングクリムゾンに在籍していたグレッグ・レイク、ナイスに在籍していたキース・エマーソン、アトミック・ルースターに在籍していたカール・パーマーで結成された当時話題になったプログレッシブのスーパー・バンドが2作目に発表したのが『タルカス』。
キース・エマーソンのアイデアによるアルマジロのような戦車型の想像上の怪獣「タルカス」をテーマにした壮大な組曲1「タルカス」。このアルバムはこの1曲のためにあるような作品だ。20分を越える大作なのに飽きることが無い。なぜならこの1曲で1枚のアルバムのように構成されているからだ。目まぐるしくテンポも曲調も変わっていくこの1曲の緊張感は半端じゃない。


ラベル:タルカス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。